Antique Knock

072-737-4765 0

ホーム  /  Antique Goods  /  Tablewear

バルボティーヌプレート.b ”ぶどう”Barbotine Plate ” Raisin”

From : France

1890年頃、ベルギーとの国境に近いフランス
Onnaing (オーナン)の窯で製造された
ぶどう(レザン)をモチーフとしたバルボティーヌプレートです。

陶器ならではの艶のある質感に、バルボティーヌの特徴でもある
凸凹とした立体的な装飾が魅力的です。
やわらかなアイボリーカラーをベースに鮮やかな色彩で
描かれた、丸く美味しそうに実ったぶどうと綺麗に
色づいた葉っぱが目を惹きます。

存在感のあるプレートなので、そのままディスプレイするのはもちろん
壁に掛けて飾り皿としてインテリアをお楽しみいただくのもお勧めです。


同じ種類で状態違いのものが数枚ございます。
ご希望の方はお気軽にお問い合わせくださいませ。


*バルボティーヌプレート*
バルボティーヌ (Barbotine) とは、フランス語で「でこぼこ」
という意味があり、19世紀後半から20世紀前半の
アールヌーヴォー期にたくさん製造されました。
粘土をふくむ泥漿を石膏型などで凸凹と
浮彫りに成型した陶器に、不透明な釉薬を用いて
印象的に彩色した立体的な造形の柔らかい陶器のことをいいます。
イギリスでは”マジョリカ (Majolica)" とも呼ばれています。

商品はアンティーク品のため、お写真では伝わり難い
色褪せや色むら、小傷や貫入などがある場合がございます。
追加のお写真をご希望の方はお気軽にお問合せくださいませ。

Favorite Item

該当する商品がありません